2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磁石の威力だ鋼鉄フォーゼ

※今回、スイートプリキュア最終回の感想とは別記事にしました。

仮面ライダー フォーゼ 第20話 「超・絶・磁・力」

絶交宣言はしてみたものの、頭に浮かぶのは弦太朗のことばかり・・・
ケンゴ君ったら、本当にわかりやすい性格してるのね。
陸上部の巨女が出張って面倒なことになるかと思ったけど、
そんなことでは微動だにしないカップリング力なんですね。

(あっ、こりゃ自重するしかないな)
悪人面の部長と末永くお幸せに・・・

弦太朗とケンゴの仲直りするまでの流れが完璧すぎた。
不思議と、「ありきたり、テンプレ的展開」という印象は受けず、素直に楽しめた。
フォーゼという作品全体に流れる爽やかさ、嫌味の無さがそうさせたのか。

ライダー部が2班に分かれて活動してたのも面白かった。
空気な子を極力無くすための、レギュラーが多いドラマならではの工夫だね。
しかし、磁石はなんだってまた、あんな地下深くまで潜り込んでたのか。

サバゲ部
寒そうだけど楽しそう

弦太朗とケンゴが仲直りしたのも、流星が密かにいい仕事してたせいもあった。
彼が意図しないで素の部分をぶつけたこともあったし、打算的なものもあっただろうが。
しばらくはこのまんまの関係性で続けてもらうのも、面白いかもしれない。

磁石フォームですが、アクションには不向きのマッシブさですね。
強いんだけど、あんまり応用が効かなそうな気が・・・

次回は長澤奈央さんが出るみたいね。
Wの手品師は非常にエロかったので、喜ばしい。

海賊戦隊ゴーカイジャー 第48話「宿命の対決」

ハカセのポーズの秘密が今、明らかに・・・
というか、あの奇妙なポーズは無意識のうちに取っていたのか。
「トイレから出てきた後に手を拭いているような動作」と
言われれば、そうとしか見えなくなってきた。

偽ゴーカイグリーンVSハカセのトリッキー対決は楽しかった。
偽グリーンが狭い梯子を滑り台のように滑ってきた場面では、
モヤさまの高円寺の回での大江アナの痴態を思い出させた。

ゆかりんが先週から酷い扱いなんですけど。
足蹴にされるわ緊縛されるわ、逆さに吊るされるわ。
苦悶するゆかりんの声が素敵。

不自然すぎる・・・
緑の血がおかしい上に、サムネだと、寝ている間にまぶたの上に瞳を描かれたマヌケな人に見える

なんかサリーがマーベラスを2度救ったことになっていて、凄い。
仲間を切り捨ててきたバスコの負けであり、
敵すら手厚く手当てしてあげたマーベラスの勝ちってことね。

ラスボスだと思ってたバスコが死んじゃって、
思いだしたようにザンギャックが攻勢をかけて来るようで。
でも今さらインサーンが「出世コース」とか言い出してるようじゃ、なんだかなあ・・・
ザンギャックの親玉もバスコに比べたら迫力不足っていうか。
裏ボスの後に通常ボスが出てくるイメージだ。

機動戦士ガンダムAGE 第16話「馬小屋のガンダム」

OP、歌としては良さげなんだけど、ガンダムのOPじゃねえだろうと思った。
前回の「強いる 強いる 強いる」みたいに、歌詞がスッと入ってきたのは、実は凄かったんだなあ。
ウルフさんのカットと、ラストの全員集合絵で吹いちゃった。

ウルフさん、おなか出てるように見える
2人の表情の対比がアンビバレンツ

冒頭でサービスシーンかましてたガレット君は、デシルの関係者なんでしょうか。
コールドスリープしてたってのが、非常に混乱を誘うね。
まあ、あのカプセルの中で仮眠してただけだと思うけど、
番組最後のいらん解説コーナーで「あれはコールドスリープ用の」と解説されてちゃねえ。

第二世代の主人公、アセム君は最初っからヒロインに惚れられちゃってて、
1期のようなエミリーちゃんかわかわ(かわいそうの略)展開は期待できそうにありません。

相変わらず頭デケエー!!
ややボケ気味だが、ガンダムを準備するシーンではキリッとしてたな

復讐の鬼と化してるフリットは家庭では厳格なパパらしく、アセムと反目しあってるわけでも無さそう。
子安と意見の相違からもみ合いになるフラグが、うっすらと立ってますね。

ガレット君の手引きにより、あっさりとヴェイガン来襲。
ヴェイガンが本気出せば、ガンダムがいようがコロニーの一個や二個、余裕で落ちると思う。

次回は高専ロボコン編。なんかMSクラブってライダー部を思い出させるんですが・・・

ファイブレイン 第17話「真実」

ここへ来て衝撃の展開が明かされすぎる。
カイトのお父さんとお母さんが実の親じゃなくて、POGの人だったなんてー!!
しかも育ててる内に本当の愛情が芽生えてしまうなんて。
ありがちな話だが、ファイブレインでやられるとは予想してなかったよ。

ショタカイトきゅんハマハマ
隠し撮り的なアレで、ルーク氏垂涎の一品

学園長がてっきり死ぬのかと思ったら、POGに拉致監禁拷問程度で済んだのね良かった良かった。
次回以降、戦いは激しさを増すのか・・・と思ったら、またコスプレ回かよ!!
ギャモンの成長回っぽいので期待ですが、予告の作画が微妙でガックシ。

キャッキャウフフ
なんか~一昔前のBL風味っていうか~


スポンサーサイト

コメント

DV亭主みたいな部長の「オラオラどうした どうだオラ!」な押し方好みです
KENGOさんの良い所は恥しがらず素直に思った事を相手に伝える事が出来るとこですね
互いに思いやりすれ違う二人の「当たり前だバカ野郎!ケンゴのバカ野郎…!!」はニヤニヤしながらうるっと来ました そっから先はニヤニヤしっぱなしですね
マグネットの必殺技はラストワンになる前に使っちゃうと見るも無残な事になりそう
ドラゴンゾディアーツから本気パワーのダッシュで逃げる流星と
「あれ、そう言えば流星さんは?」「あいつ逃げ足早いんだよな」で大笑いしました

>A

どうでも良いが、部長はゾディアーツ化すると、
なんであんな変な声になっちゃうんでしょう。

弦太朗とケンゴは安定期に入ったと思わせておいて
ああいう話を挟んでくれるから、退屈しなくて良い。
このパターンもあんまり繰り返すとアレだが。

>マグネットの必殺技はラストワンになる前に使っちゃうと見るも無残な事になりそう
鋭い指摘ですが、今の今まで、弦太朗がラストワン前の相手のことを
気づかって戦っていたかというと・・・うーん、わからん。

流星のガチ走りっぷりには笑っちゃった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://buryo.blog14.fc2.com/tb.php/545-4970622c

«  | HOME |  »


人気ブリョグランキングへ

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ブリョあき

ブリョあき

FC2ブリョグへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。