2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめでとう、コーラ

仮面ライダー ディケイド 第10話 「ファイズ学園の怪盗」


冒頭、電飾555がいきなり登場。やっぱり555は夜に映えるなあ。
555フォンの効果音、「イクシードチャージ」の電子音声まで含め、
555は平成ライダー随一の格好良さだと思うんだ。

オルフェノク 青い炎で燃え上がる~♪
※中の人は目が見えてません

そんな555のベルトを付け狙う海東大樹。
おそらく、手に入れたベルトのライダーを召還できる能力なのでしょう。
コレクターとしての執念は、名護さんの足元にも及んでないな。
名護さんならバイクで逃走されても、バジンがガス欠するまでダッシュで追いかけ続けるよ。

そんで大樹ったら人ん家で勝手に朝食作ってるし。
またどうでもいいナマコネタを持ち出しますが、
士ってそういえば記憶喪失設定だったわ、と今さらながら思い出した。

555の世界での士は、スマブレ高校の生徒という設定らしいですが、
制服が学ランなのは転校生ってこと?生徒手帳に書かれた校歌が細かいね。

そして現れたラキクロ4人衆。花より男子のF4みたいな扱いを受けてます。
オリジナルのメンバーの香りを残してるは北条さん(琢磨くん)のみ。
海老姐さんの人はサドっ気が強いところが似ているかな。普通に可愛いと思った。縦ロールハァハァ

なんで犬好きで3つの命を持つ黒人交換留学生がいねえんだよ!?
と思ったら、クロコダイルの代わりにタイガーオルフェノクが入ってました。
なんかオルフェノクってよりも、ファンガイアをモノクロにしたような感じですねタイガー。
おまけに中身がセイザーXのケインだし。懐かしすぎる。

僕はやる時はやるよ
あっ、ムカデの人はキバのビショップの人でも良かったかもしれない

ドラゴンの人、北崎くんのミステリアスっぽさは皆無で、単なる熱血力バカにされてたのが・・・
おまけに装甲無しの姿の状態で剣の高速移動に翻弄され、
おまけに士のバイクに跳ね逃げされちゃったりと、強いドラゴンを知ってる人には辛い改変。

「ディケイド版たっくんは熱いもの好き」ってとしあきの書きこみにあったけど、
士にお茶を勧めたときの「お茶、熱かった?」を見る限り、信憑性があるなと思ったよ。

せっかくの555の世界なのに、ディエンド初登場大暴れで、
555&ウルフェノクの影が薄くなっちまって非常に悲しい。
それにしてもカブキさんを召還するなんて、大樹はなかなかのやり手ですな。
次回はキバのファイナルフォームライドを放ってた?さすが鳴滝もビビるほどの実力者。

鳴滝のぽっけに収納されてたみゆきちのモガモガ演技が素敵でした。


フレッシュプリキュア!第9話「美希の夢 私プリキュアやめる!!」


今週は作画が異様に気合入ってたなと思ったら、作監が川村先生。
キャラデザがあんだけ変わってんのに、旧プリのような印象を受けた。
うん、やっぱりヌエボはまだまだだな(失礼)。

今回、敵組織の一端が垣間見えた感じがしますが、なんかすげえでかい組織みたいです。
東西南の3人なんか、ただの端っこの出先機関でしかない気がしてきたよ。

美希がオーディションのために、わりとあっさりとプリキュアやめちゃうのも珍しいね。
今までのプリキュアと比べると。そしてそんな美希を送り出すラブとぶっきーも潔い。
これで本来の「ふたりはプリキュア」に戻るのか・・・ラブとぶっきーじゃバランス悪いな。
むしろラブと美希の方が・・・いや、それだと主役がいなくなっちまう。

ウェスターさんの人間世界への溶け込みっぷりは異常。
こういう人はお花見期間中は飲み食いに苦労しなくて済みそうですね。
変態コスに早着替えに加え、怪獣召還という大技一発芸までも披露。
「チェリーっす!!」という鳴き声がキャッチーでしたね。

ゲエー!!
いかにもレス画像に使われそうな

前回ラブが繰り出した必殺技が早くも破られちゃいます。つくづく必殺技が弱いプリキュアだな。
美希が「ごめんね」とか言うもんだから、一瞬助けに戻らないのかと思いましたが。
カオルちゃんはもうプリキュアの正体知ってるとしか思えませんね。やっぱり北なのかなあ。

次回はこれまたすんごい。プリキュア史に残る神回になるのかも。
中身が入れ替わりってのもわりとありがちなんだけど、ヒトとイタチってのは・・・
生殖器云々ネタに期待したいが、これはそんなことすら問題にされないかもしれない。
声がどんな風に入れ替わるのかが気になるな。


侍戦隊シンケンジャー 第七幕「舵気一本釣」

リアル放送時は見逃したんだけど、運良く映像が手に入ったので補完できました(合法的手段で)。
人の情けが身に沁みます。

今回は流ノ介のパワーアップ回ということで、お笑い要素はほぼゼロ。
やっぱりお笑い担当がシンケンになると、そうなってしまうのか。

「殿だから」「家臣だから」じゃなく、丈瑠の本質的な部分に惚れ込んだからこそ
ともに戦っていけると、改めて自覚した流ノ介。
そんな彼に心を打たれ、黒子へ復帰した海の男(名前なんだっけ?)。

黒子の人にも、一人一人ちゃんとした背景があるってのが良いね。
パタリロのタマネギ部隊みたいなもんだろうか。

シンケンロボカジキフォームですが、魚雷発射は侍道にもとる行為では?
ブシドーブレードだと、即変な川柳が流れてゲームオーバーですよ。
刀を頭におっ立てて、首をグルングルン回してたのは
流ノ介のお家芸である歌舞伎の連獅子をイメージしている?

中ボスみたいな方もチラチラと登場してました。
来週の朴姉メイン回にも出てきそうですが、今のところはなんとも。


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン[終] 第25話「再生」


リボンズキャノン。その適当なネーミングは、
裏返ったときのガンダムこそが本体、ということにしたかったからか。
というか、あのガンダムの名前も「リボンズキャノン・裏」になっちゃうんでしょうか。

一期のラスボスである大使はリボンズに小物っぷりを指摘されてましたが、
そのリボンズはティエリアに同じ様なことをされてました。
というか、自分で小物っぷりをさらけ出した感じ。

月面(?)でのエクシアVSOガンダムはちょっと燃えたよ。
せっさんが最後突っ込んでくとこなんか、愚直で良いなあ。

エピローグはたっぷり時間がありましたが、
キャラが多かったので個々のお話はちょろっと。

姫様は本業をしっかりやるみたいですね。支援クレクレの輪を中東全域に。頑張っていただきたい。
姫様はアレですな、皆が彼女をヒロインとして見てたからおかしなことになっちゃったわけで。
単なる女性キャラとして見てれば良かったのか。
まあそれだとあそこまで姫様が盛り上がらなかったわけですが。

シーリンとクラウスはシッポリと連邦政府に参加、ロックオン2号は墓参り。ここらへんは順当。
ティエリアは長生きしろよ。
アレルヤとマリーは、えーと、自分探しの旅?
落ち着いたところで、アレルヤだけソレビに復活でしょうか。
サジとルイスはめでたし。2期では悲惨な結末を予感させまくってただけに、ホッとしたよ。

真の勝ち組コーラ
ノー天気を最後まで貫き通した男

やっぱり生きてたコーラとマネキンは結婚。名護さんの最終回結婚式を思い出した。
いや、悟空とチチと言ったほうがふさわしいか。古いけど。

ハラキリしてたの、最初グラハムかと思ったんですけど。カタギリ指令だったのね。
ビリーはまた何か開発してましたな。
グラハムの魂を奮い立たせるようなものを作り出してくれることでしょう。
・・・どうでもいいが、あのあとスメラギさんに一発ぐらいはやらせてもらったんでしょうか。

そしてソレビの面々は今日も戦い続ける、で〆。
と思ったら、映画化決定のお知らせ。
こういうことされると、最初っから映画につなげるような話作りをしていた気がして、
非常にすっきりしないんですが。映画化自体は結構なことだと思うんですが。

最終回のモブにイノベイター風味な方々が混じってたのも、その伏線なんですか。
ある日、急にリボンズの意識が彼らの中に目覚めて・・・という展開か。
イオリアの真意も結局明かされなかったし。うう。

【総括】
・2期には1期にあったようなワクワク感が薄れた。
・魅力的なキャラが多数いたんだけど、多すぎて掘り下げることができなかった。
・ストーリーがその場あたりで、一本スジが通ってるような感じがしなかった。
あ、でも3番目の指摘はガンダムシリーズにはだいたい当てはまるのかも。

なんか欠点だらけになっちゃったけど、全体としては充分面白かったからこそ、
50話に渡るシリーズを途中で投げずに見れたというもの。

なんとなくブリョが選んだMVP。

全然せっちゃんの画像保存してなかった自分に気づく
【男性部門】刹那・F・セイエイ
セルゲイ、コーラ、童貞を押しのけての受賞。
最初は(最後のほうも?)意志の疎通が不自由な感じで心配だったのだけれど、
ちゃんと主人公してたんじゃないでしょうか。
戦いを止める為に、戦うことしかできないお人。たまには姫様のことを思い出してあげると吉。

30代の肉体
【女性部門】スメラギ・李・ノリエガ
尻と脇と声がエロかった。ただそれだけでごいす。
映画版での将来性が見込めるのはソーマとフェルトなんだけどね。
しかしさらに熟れまくったスメラギさんも見たい。


ハガレンどうしようかな。今までまるで見たことなかったんだけど。
今さら入るのもなあ。とりあえず見てみて、面白かったら見続けることにしようか。

スポンサーサイト

コメント

コーラやっぱり生きてやがった。

カジキシンケンオーはあのかっこ悪い必殺技がたまらねえです。
お辞儀はないだろお辞儀は。


ガン×ソードとゾイドジェネシスのためにスパロボKやってたんですが、
アークエンジェルに唐突に沸くロバとか、
最終話で何の説明もなくいきなり出てくる海の男カイジとか、
キラとバカ兄貴のやり取りとか酷すぎて感動しました(一応褒めてる)。

>としあき

コーラの結婚式をやっつけじゃなく、けっこうな尺を取ってやってくれたのが嬉しかった。
カジキは・・・まあ単純に刀を振り回すだけだと代わり映えがしないですからね。
見せ方に無理矢理工夫しているというか。

カイジの出演は完全なファンサービスでしょうな。
バカ兄貴とキラ様は中の人が一緒なんだっけか。
不毛な会話になってそうだ・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://buryo.blog14.fc2.com/tb.php/379-b0a436bc

«  | HOME |  »


人気ブリョグランキングへ

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ブリョあき

ブリョあき

FC2ブリョグへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。